交通事故に遭ったら?

交通事故に遭ってしまったら?注意するポイント

STEP1 まずは、警察へ連絡しましょう。

交通事故 イラスト当事者同士で示談交渉してはいけません。

交通事故に遭ったら、まず怪我人がいないかを確認してください。その上で必ず警察を呼びましょう。 応急処置で対処できないと思ったら救急車も呼びましょう。

交通の妨げになっていたり、2次災害が起こりうる可能性がある場合は、(可能なら)事故状態の写真を撮った上で、車を安全な場所に移動させましょう。

軽い交通事故だと、「警察を呼ばずに示談で解決しましょう」と言われることもあるかもしれませんが、ある程度の衝撃があった場合のほとんどが、後から痛みが出てきます。任意保険でも自賠責保険でも検査や治療を受けるためには警察署で発行される交通事故証明書が必要になります。

決して当事者同士で解決しようとせず、必ず警察を呼びましょう。

STEP2 警察を待っている間にすること

1,交通事故相手と目撃者の連絡先を控えておきましょう。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号(携帯電話・自宅)
  • 相手の任意保険会社

などの情報は最低限控えておきましょう。

2,事故状況や車両の破損状況、場所のわかる写真を携帯電話などで撮影しておきましょう。

  • 自分の車の破損部分の写真
  • 相手の車の車両ナンバーと破損部分の写真
  • 事故のあった場所がわかる風景などの写真

3,自分の保険会社に交通事故にあったことを伝えましょう。

  • 事故のあった日時
  • 事故のあった場所
  • 運転手、運転車両の情報
  • 事故相手の名前、保険会社情報

など

STEP3 交通事故後は病院で検査はしておきましょう

すぐに痛みが出てくる人、後日身体の不調が出てくる人、事故状況によりさまざまです。念のため、病院での検査は5日以内には必ずしてもらいましょう。
痛みや頭痛、めまいなど症状が出ている方は、早期に治療を始めた方がいいので最寄りの整骨院(接骨院・ほねつぎ・柔道整復院)へかかりましょう。その際、保険会社への連絡も忘れずに行って下さい。