整形外科と整骨院の違い

整形外科と整骨院の違い

交通事故に遭い、痛みが出てきた物を持とうとして腰が痛くなったスポーツで脚が痛くなった。など、思わぬ怪我をした時に「病院と整骨院どっちに行った方がいいんだろう?」と思った事がある人は多いと思います。
ぎっくり腰、交通事故によるむちうち症状、捻挫、打撲、肉離れなど、とりあえずは整形外科に行こう!となる人が多いと思います。整形外科に行くと、レントゲン撮って、シップと薬を処方されたり、場合によって適切な処置が行われますが、あれ?何もしないの?と疑問に思う方も少なくないはず。
逆に、整骨院に行ったが、◯◯の疑いがあるから整形外科を紹介された。診断書を出してほしいとお願いしたら、整形外科を紹介された。と、いうことも事実ある話です。

そこで、ここでは整骨院と整形外科の違いについて簡単に説明いたします

整形外科とは?

整形外科とは医師が診察をし、レントゲンやMRI、CT等の画像検査を行い、診断を行う医療機関です。整骨院の先生(柔道整復師)は診断は出来ません。病名を確定させる事が出来るのは医師のみとなります。診断後、病態に合わせて処置投薬注射手術リハビリテーション等で治療を行います。診断書を作成できるのも医師のみとなります。

整形外科とは

整骨院(接骨院・ほねつぎ)とは?

整骨院とは柔道整復師という国家資格保持者が施術を行います。健康保険や労災(労働災害保険)、自賠責保険など公的な保険を利用できます。健康保険では捻挫や打撲、挫傷等の急性期のケガ、骨折や脱臼の応急処置(医師の同意があれば骨折や脱臼の経過も診る事が可能)が保険の範囲となります。捻挫、打撲、挫傷とだけ書くとわかりにくいので、わかりやすく言うと、「ぎっくり腰」「腰痛」「肩の痛み」「寝違え」「肉離れ」「靭帯損傷」「むちうち」など、日常生活や交通事故、スポーツで起きた突然(急性)の痛み、外傷の痛みを薬等に頼らず軽減させることが得意とされています。
※交通事故によるむちうちは頚椎捻挫や腰椎捻挫などになるため、主に自賠責保険を使って窓口負担無しでの通院が可能です。

柔道整復師の行う施術とは、主に手技療法、物理療法(電気療法、光線療法、温熱療法、冷却療法)、運動療法などの後療法や、整復法、固定法をもちいて、レントゲンやMRIでは異常なしと言われる身体の痛みに対して処置します。整形外科と違い、夜遅くまであいているのも違いの一つになるでしょう。

整骨院とは

 

整形外科と整骨院、どちらがいいの?

症状や患者様のニーズに応じて役割が違いますのでどちらがいいというのはありません。
●薬を処方して欲しい ⇒ 整形外科
●交通事故にあったため警察に出す診断書がほしい ⇒ 整形外科
●細かな画像検査をしてほしい ⇒ 整形外科
●血が出るような怪我をした ⇒ 整形外科・外科
●骨折・脱臼の疑いがある ⇒ 整形外科
◯レントゲン、MRIなどは取らなくていい ⇒ 整骨院
◯整形外科で検査して、異常なしと言われたが痛み頭痛などがある ⇒ 整骨院
◯交通事故の治療をしっかり行いたい ⇒ 整骨院
◯薬無しで痛みを取りたい ⇒ 整骨院
◯手術したくない ⇒ 整骨院
◯筋肉と骨格のバランスを整えたい ⇒ 整骨院
◯仕事前、後に通いたい ⇒ 整骨院
◯じっくり時間をかけて診てほしい ⇒ 整骨院
◯何時間も待ちたくない ⇒ 整骨院

特に、交通事故の場合はレントゲンでハッキリわからないような頚椎のズレや骨盤のゆがみが生じ、そのズレやゆがみを治さないと症状が改善することはありません。ズレやゆがみがなくても、痛めが筋肉が原因で身体のねじれが生じ、交通事故直後は痛みがあまり無かったとしても後からあちこち痛みが生じることがほとんどです。交通事故に遭った場合は、出来るだけ早期に根本原因をしっかり見つけ、東洋医学的な治療を行う事で早期に症状を軽減する事が出来ます。

福岡市 堺整骨院グループの強み

堺整骨院グループ 検査法福岡市 堺整骨院グループでは交通事故やスポーツ外傷(捻挫、肉離れ等)に特に強く、痛みを軽減させることを得意としております。

骨折や脱臼、筋や腱の損傷、感染症や癌などの内科的疾患がないかなど、確認し必要に応じて専門医をすぐに紹介させていただく体制をとり、西洋医学観点と東洋医学的観点両面より患者様にとって一番良い治療法をオススメします。

お身体痛みでお悩みでしたら、まず堺整骨院グループにおまかせください♪