腰痛に悩んでいませんか?

2018年08月1日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩の痛み・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

 

先日保育士さんとお話をする機会があったのですが、やはり小さなお子様を相手にしているので、中腰や抱っこをすることが多く、腰痛に悩まされているとおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一言に腰痛と言っても様々なタイプがあります。

 

ぎっくり腰、ヘルニア、慢性腰痛、すべり症・・・

 

仕事の内容や生活習慣など、人それぞれ原因が違います。

 

よく聞くのはぎっくり腰ですが、ぎっくり腰は病名ではありません。

 

ぎっくり腰は急性腰痛のことで、なにか重い物を持ち挙げようとした時や、腰をねじるなどの動作をした時に起こることが多いです。

 

ぎっくり腰になった時に身体の中でなにが起こっているかは、いまだにはっきりと分かっていません。

 

すぐに出来る対処法としては

 

・膝を軽く曲げて横向きに寝る

・仰向けに寝て、ひざを軽く曲げて、膝の下にクッションを入れる

・仰向けに寝て、低めの台に両脚を乗せる

 

などの姿勢が勧められています。

 

少し前までは、ぎっくり腰をおこした後は安静にすることが大切だと言われてきましたが、ずっと動かないでいると背筋が衰えてしまうため、回復が遅れてしますということがわかってきました。

痛みが和らいだころから、動かせる部位は積極的に動かすようにしましょう!

 

 

痛みは1~2週間程度でかなり治まり、日常生活もこなせるようになりますが、再発したり、慢性の腰痛症へと進んでしまうことがあります。

痛くないからと、自己判断はやめて適切な治療を受けるようにしましょう。

 

腰痛予防のストレッチもオススメです。

 

腰痛は放っておくと腰が曲がり、内臓が圧迫されたり、代謝が悪くなったり、骨が変形したり、身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

堺整骨院では、しっかり問診・検査を行って、その方に適切な腰痛治療を行います。

 

腰の痛みが気になりましたら、お早目にご来院下さい!

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)