気になる膝の痛みに

2018年05月23日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩の痛み・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

「最近膝が痛いけど、仕事で忙しくて病院に行けないし、多分大丈夫だろう」

最近知人がそう言っていました。

その痛み、放っておくと大変なことになるかもしれません!

 

 

 

 

 

 

 

 

一言に膝の痛みと言っても様々な症状があります。

特に高齢者の膝痛の原因の多くは膝関節の軟骨摩擦による変形性膝関節症です。

 

○原因

軟骨がすり減る原因は加齢による軟骨の老化で、肥満やO脚など膝に負担がかかっていた人は軟骨がすり減りやすくなります。

また、普段運動していない人が急に長距離を歩いたり、激しい運動をするなど日頃ない急な負担をかけたりするのも膝痛の要因となります。

 

○症状

症状としては痛くて正座ができない、階段を降りるときに痛い、椅子から立ち上がるときに痛い、などがあります。

負担によって膝の中で炎症が起き、痛み、腫れ、水が溜まることもあります。

進行すると、激しい膝の痛みで歩行が困難になり、関節の変形につながります。

 

○予防

効果的なのは筋力をつけることです。

正しい歩き方をするだけで、膝痛予防に大切な筋肉が鍛えられます。

膝痛の改善・予防にもなるタオルを使った体操もオススメです。

 

 

 

膝の痛みはそのままにしておくと、膝をかばうことで身体のあちこちに障害が出てきます。

自己判断はせずに、まずは病院に行ってみましょう!

堺整骨院では、しっかり問診・検査を行った後、その方に最適な治療を行います。

変形性膝関節症の他にも、半月板損傷やランナー膝など、経験豊富なスタッフが施術を担当し膝にかかる負担を軽減させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにか気になることやご相談事がございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください(^^♪

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)