骨折してしまった…そんな時は!!

2018年02月23日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩の痛み・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

 

 

平昌オリンピックのメダル獲得のニュースが次々に取り上げられていますね!

日本人選手の活躍にとても感動してしまいます!

 

 

21日に行われたスピードスケート女子パシュートでは、強敵オランダに勝利し、

見事、金メダルを獲得しました!

 

 

 

 

そのメンバーにいた佐藤綾乃選手が怪我をしていたことを皆さん知っていましたか?

 

 

 

2017年12月9日に行われたW杯第3戦スピードスケート女子マススタートで

佐藤綾乃選手はオランダ選手の転倒からの接触で自身も左ひざを強打しながら転倒し、

その後、カメラに衝突。

 

 

すぐに病院へ搬送され検査を受けた結果、

右足親指の骨折で全治3~6週間と診断されたのだそうです。

 

 

 

マススタートという競技は簡単に言うと追い抜き戦で

スタートを大勢の選手で行うので非常に危険です。

 

 

当然、選手同士の駆け引きもあり、競技としては面白いのでしょうが、

やはり転倒に巻き込まれるリスクは大きいですよね。

 

 

ケガをした日から完治まで、診断結果からみると

平昌五輪には間に合うか心配されていましたが

見事出場し、メダル獲得に貢献してくれました。

 

 

 

 

 

皆さんは骨折をしてしまった時、『病院で治療しなければ!』と思う方が

多くいらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

しかし、整骨院でも治療はできるんです!

 

そのお怪我を堺整骨院にお任せしてみませんか?

 

 

 

堺整骨院の柔道整復師は『骨折・脱臼』のスペシャリスト集団です。

 

 

 


骨折の応急処置では、骨が折れてずれてしまった部位を

外科手術や薬品投与によらずに、手で元の位置に戻します(整復)。


その後、整復した箇所を固定具で固定し、医療機関に紹介することが可能です。

 

 

 

 

脱臼の応急処置では、例えば幼児に多い『肘内障』。
子供と手をつないでいて、瞬間的に強く引っ張ったことで起こることが多いです。

 

 


強く痛がる子もいれば、患部の手を使いたがらないので

念のため来院して分かるケースもあります。この場合も、整復が行えます。

 

 

 

またレントゲンで『骨折・脱臼』が判明したあとの施術が行えます。
『骨折・脱臼』の治療を整骨院で行うメリットはたくさんあります。

 

 

 

 

<様々なメリット>

 

1.固定具を外して、包帯などを巻き替えられるので、清潔に保てる

 

2.電気治療を行うことにより、骨癒合や損傷した組織の回復を早めることができる

 

3.患部に近い関節を動かしたり、筋肉の調整をすることにより、
  関節の硬縮や筋力低下を防ぎ、早期に日常生活に復帰できる

 

4.段階に応じたリハビリができる  など

 

 

 

 

突き指や捻挫だと思っても、実は骨折や脱臼だったということもありますので、

自己判断せず不安に思ったらすぐにご来院ください。

 

 

 

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)