青切符を払わないとどうなる?

2016年02月22日

こんにちは。スポーツ障害、交通事故専門治療、肩こり、腰痛、ひざの痛みの堺整骨院井尻院です。

2月も後半に入り、寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、皆様 体調はいかがですか?

 

以前、患者様より相談があり、答えた内容をまとめました。

 

交通違反の反則金を払わないとどうなる?

 

一時停止をしたのに・・・・

先日、私は車を運転していたところ、目的地に向かう途中に、一時停止義務違反を理由として、警察官に反則切符(青切符)を切られてしまいました。私は、現場ではいったん一時停止義務違反を認めてしまったのですが、よく考えてみると、一時停止をしたと思うので、処分に納得いきません。そのため、私はまだ反則金を支払っていませんが、このまま反則金を支払わない場合、私はどうなるのでしょうか?

納得がいかないので違反していないと主張したいのですが・・・・・。

 

今回は、交通違反(青切符)の反則金を支払わなかったらどうなるかについて考えて行きたいと思います。

道路交通法上の反則金とは

スピード違反や飲酒運転等を起こして道路交通法上の義務に違反すると、警察に反則切符(青切符)を切られ、反則金が課されることになります。反則金は、行政上の義務違反行為に対する制裁であり、行政刑罰の一種です。

 

通常、犯罪をおかすと、警察による捜査をえたうえで、検察官が被疑者の起訴、不起訴を決めます。そして、検察官が被疑者を起訴した場合には、刑事裁判をえて、判決で刑罰が決まります。しかし、道路交通法違反の発生件数は極めて多く、それを一つ一つを起訴して処分することは、裁判所の処理能力などからして、とても困難なことです。また、軽微な道路交通法違反で、罰金刑などの前科がつくことは、私たち国民としても、できれば避けたいところです。

 

 そこで、道路交通法違反については、反則金制度を導入し、「反則金を支払った者については、刑事事件として処理しない」というルールにすることで、罰金刑などの前科もつかず、簡易迅速な処理を可能にしているのです。

そのような制度をディバージョン(非刑罰化)といいますが、ディバージョンについては、反則金制度のほかには、関税等に関する通告処分などがあります。

 

反則金を支払わないとどうなる?

このように、反則金制度は、「反則金を支払った者については、刑事事件として処理しない」という制度です。ですから、違反者が反則金を支払わない場合には、原則に戻り、刑事事件として処理されることになります。つまり、反則金を支払わないと、通常の刑事手続きに則って、検察官が起訴・不起訴を決め、検察官が違反者を起訴した場合には、刑事裁判をえて、判決で刑罰が決まることになります。そして、罰金刑等の有罪判決が言い渡されると、前科がつくとこになります。

青切符の流れ

 

上記の流れになります。もし納得できなければ無実主張の機会は権利として与えられることになります。

 
2月の後半、高校卒業生が、車の免許を取り、車に乗り始める方も増えてきます。
何かお困り事がある際は、井尻院までご相談下さい。