花粉症シーズンまもなく到来…!!

2018年02月16日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩の痛み・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

 

あたたかい季節が近づくにつれて

職場や学校、通勤中の電車やバスなどでも

ハックション、グシュグシュ…くしゃみや鼻水。

目がシバシバ…とマスク姿の方も多くなってきたのではないでしょうか?

 

 

 

残念ながら花粉症の季節がやってきてしまいました。

 

 

 

 

福岡のスギ花粉のピークは2月下旬~3月中旬。

スギ花粉が終われば、次はヒノキ花粉の飛散が始まり、

ヒノキ花粉のピークは3月下旬~4月の中旬の見込みらしいです。

花粉症でお悩みの方には非常に残念なニュースですよね…

 

 

 

症状緩和の為にメガネやマスクなどを着用したり、

空気清浄機の設置や加湿器などで湿度を高めに設定したり、

布団や洗濯物を室内干しにするなどの対策をしていらっしゃる方も多いと思います。

 

 

 

 

まず、花粉はなぜ起こるのでしょうか?

それは、私たちの体は、“花粉”という異物(アレルゲン)が侵入すると

まず、それを受け入れるかどうかを考えます。

 

排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質をつくる仕組みをもっています。

 

抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、

鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。

 

その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。

 

 

 

 

まもなく到来する花粉シーズンに向けて早めの予防対策をしたいですよね!!

皆さんはお灸で花粉の予防ができる事をご存知ですか?

 

 

~花粉症に効くツボ~

 

合谷・・・手の甲側、親指と人差し指の骨が交わるところのやや人差し指寄り。

     免疫機能を高め、消炎鎮痛作用もある万能ツボ。

 

 

少商・・・親指の爪の外側にあるツボ。

     気の流れや血液循環が良くなり、呼吸器系の働きも良くなる。

 

 

湧泉・・・土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだところにある。

     エネルギーが湧き出し、体力、気力が高まってくる。

 

 

当院では、花粉症や鼻炎などに詳しいスタッフが

おりますので、何か分からないこと等がございましたら、

お気軽にご相談くださいね♪

 

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)