熱中症

2015年07月22日

こんにちは!スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの

堺はりきゅう整骨院野多目院鍼灸課です!

 

まだ梅雨が明けず、ジメジメと暑い日が続いていますね。

こんなとき気をつけたいのが熱中症です。

 

熱中症発生には気温だけでなく湿度も大きく関係しています。

気温が高くなれば人は汗をかきその汗を蒸発する事で体温を下げ

体温調節を行っていますが湿度が75%以上になると

汗を蒸発させることができなくなり体温調節ができず熱中症を引き起こします。

 

 

熱中症の分類

1度めまい 大量の汗  こむら返り  筋肉痛

2度 頭痛 嘔吐 倦怠感  虚脱感

3度  意識障害 痙攣発作

 

1度の症状であればその場での応急処置として冷所での安静、

水分補給、くびすじ、脇、鼠径部の冷却、うちわであおぐなどの対応で大丈夫です。

2度の症状が出現したり1度の症状が改善しない場合は病院へ搬送するのが

のぞましいでしょう。

 

 

ココで鍼灸豆知識!

熱中症に効くツボを紹介します。

 

内関:手のひら側で手首から上に3横指

効果:気分がよくなる

足三里:膝の皿の下、外側の凹みから4横指下

効果:胃腸の調子を整え夏バテ防止、体力増強として効果があります!

 

熱中症予防の意識を高め元気に今年の夏を乗り切りましょう!

お困りの際はいつでもご相談下さい。