温活のすすめ

2017年05月19日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

この頃はお天気が続き、日中は初夏を思わせる暑さを感じますね。

電車やバスの中、オフィスやお買い物先のお店などでも冷房が入り始める時期となりました。

冷たい飲み物や食べ物も欲しくなる季節ですね。

そんな今、真夏に向けて私たちがおすすめしているのが「温活」です。

「温活」とは、身体の冷えを防ぐことにより血行や自律神経を整え、

快調な生活が送れるようにすることです。

 

「温活」にはいろいろな方法がありますが、

特におすすめしているのが天然シルク腹巻です。

薄手でお腹から腰までしっかりカバーすることができ、

洋服のシルエットにも響きません。

また、シルクの特性として、静電気が起きにくく、

汗を吸収し、湿気を放出しますので蒸れません。

(※化学繊維は静電気を帯電しやすいため冷え取りには向きません。)

特に冷えを実感されていない方でも、平熱が36度以下である方や、

便秘症、腰痛、重い生理痛などが気になる方も隠れ冷え症の可能性があります。

また、平熱を1度上げることにより免疫力や代謝が上がり

健康で痩せやすくなるとも言われています。

 

暑い夏こそ「温活」で冷え取り。

各院で取り扱っていますので、気になった方はぜひお尋ねくださいね。

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)