柔道整復師って?

2017年01月31日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

さて、今日は整骨院で患者さんを治療している「柔道整復師」についてのお話です。

 

時々、治療に来られている患者さんから、整骨院の先生って整体やマッサージの人と何が違うの?

と聞かれることがあります。

そもそも柔道整復師とはどんな資格なのでしょう?

 

 

柔道整復師は、ケガやスポーツなどの損傷に対して、手術や薬を使わずに回復させ

快適な生活を送れるように導く専門家です。

昔から「ほねつぎ」「接骨師」として広く知られています。

骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲といった運動器に加わる損傷に対し、

骨、関節、軟部組織などの変化をいち早く発見して、

手技療法などによってそれらを正しい位置に矯正するための施術を行います。

 

柔道整復師になるためには、専門学校や大学で解剖学や生理学、病理学などの基礎科目と

外科学、リハビリテーション学などの一般臨床医学を3年以上勉強し、

身体の仕組みをしっかりと学びます。
国家試験を受験し、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。

昨年度は全国で約7,000人が受験し、合格率は64.4%でした。

 

鍼灸師や按摩マッサージ師も国家資格、整体師やカイロプラクティック師は民間の資格となります。

 

堺整骨院で働く柔道整復師・鍼灸師の多くが、自分自身も学生時代にケガの治療を受けたり

スポーツトレーナーと接し、心身ともに支えられた経験からこの職を志しています。

そして現在、自分たちも患者さんから信頼していただける治療家を目指し、

少しでも早く痛みがとれるように願いながら、日々、一人一人の患者さんと向き合っています。

 

それでは今日も皆様が健康に過ごされますように(^^)