最近体がだるいと感じているのは、エアコンが原因??

2017年07月11日

こんにちは。堺整骨院です。

 

7月になり、更に気温も上がって蒸し暑い日々が続いていますね。夜もクーラーなしでは眠れない方もいらっしゃるかもしれません。

それと同時に、なんとなく体がだるい・頭が痛い・倦怠感・肩こり(続くと寝違え、ぎっくり腰)などなどの不調を感じている方も多いはずです。

「エアコン病」「クーラー病」「冷房病」などと言われ、子供から高齢者まで、男性、女性問わず症状を訴える方が増えています。

 

外に出たら暑いし、外から帰ってきたら急に冷えた部屋で鳥肌が立ってしまう・・・
なんて現象はありませんか??
それはまさに夏独特のクーラー病です。

暑くても、人間は汗をかくことによっ体内の熱を外にだし、体温を下げることができます。

 

しかし、オフィスでも、車でもエアコンが効いている中で過ごし、

さらに寝ているときもエアコンをつけっぱなしでは、夏でも汗をかくことなく、身体から熱が奪われます。

 

すると、毛細血管が熱を奪われないようにと血流量を減少させてしまったり

汗が出て熱が下がらないようにと汗腺が収縮し、汗が出るのを防ぎます。

 

その一方で屋外は暑いですから、外に出れば毛細血管が急激に拡張したり汗腺も開いたりと、

真逆の状態となります。

 

そうしたことを何度も繰り返すことで心身の状態を平常に保つために重要な働きをする自律神経に障害がではじめ、身体に様々な不調がではじめます。

 

 

そんな状態になってしまったら、まず何と言っても身体を温めることがとても大事です。

夏なのに温めるんです。

 

 

冷たい飲み物をやめて温かい飲み物を飲んだり、腹巻をしたり、肩や腰を温めることもすごくすごく大事です!

夏こそしっかり湯船に浸かって下さい。シャワーで済ませる場合は、うなじ~首、背中に少し熱めのシャワーをあてると
身体をあたためるのに効果的です。

 

朝起きて、だるさや頭痛を感じる場合はドライヤーも効果的です。

ドライヤーでうなじ、首、背筋を温風で2分~3分ほど温めます。

 

このブログでも何度もお伝えしてきましたが、夏こそ「温活」です。

 

 

 

それでもなお、身体の不調を感じる方はどうぞ遠慮なく堺整骨院各院にお問合せいただくか、直接ご来院ください^^

お待ちしております♪