挨拶~アイコンタクト&スマイル~

2015年08月5日

こんにちは。

スポーツ障害、交通事故専門治療、肩こり、腰痛、膝の痛みの

堺はりきゅう整骨院 野多目院 鍼灸院です。

 

7月もあっという間に終わり猛暑の8月が続いてますね(*_*)

当院では、暑いなか毎日患者様に足を運んで頂いております!

 

そんな暑い中、来院された皆様に対して

3秒以内のアイコンタクトとスマイルをとり、

聞いてて気持ちのいい挨拶を心がけています(*^^*)♪

 

 

皆さんは知っていましたか?

五感伝達力と言って、

人は視覚から83%の情報を得ると言われているのです。

 

そして人の印象は3秒で決まってしまうのです(^_^.)☆

 

この情報を知ると、気持ちのいい挨拶をすることは、

とても大事な事だと改めて思いますよね‼

 

 

挨拶の「挨」という漢字には「押す」「背を叩く」「開く」の意味があり、

「拶」には、「迫る」「はさみつける」「押しつける」との意味があります。

「挨」にも「拶」にも「せまる」や「押す」の意味があり、

挨拶の文字本来の意味は「そばに身を摺り寄せて押し合う」ことだそうです。

 

 

世の偉人の方々も挨拶に対して名言を残されています。

 

「人に好感を持たれたければ、誰に対しても挨拶をすることだ。

挨拶ほど簡単でたやすいコミュニケーション方法はない」
デール・カーネギー(実業家・作家)

「挨拶とは何か、それは『心を開いて相手に迫る』ということです」
鈴木健二(NHKアナウンサー)

「挨拶からすべてが始まる。大きな声で挨拶すると、相手の『心の扉』が開く。

だから、世界が広がり、幸せに満ち溢れる」
渡邉美樹(ワタミグループ創業者・参議院議員)

「マナーのある人が先に挨拶する」
奥脇洋子(マナー・コンサルタント)

「挨拶は、人間らしく生きるための基本の心である。親に挨拶の心がないと、

それは必ず子供にも表れる」
野村克也(プロ野球監督)

「暗い人でも日ごろから大きな声で挨拶をし、前向きな言葉を使うようにしていれば、

次第に考え方が楽観的になって、性格も明るくなります。実際、

私はそうやって変わった人を何人も見てきました」
澤田秀雄(旅行会社HISの創業者)

 

どんな知識よりも、技術よりも先ずは

人と接して行く上で基本となるのは挨拶ですね☆

 

皆様も是非3秒内の気持ちの良い挨拶を心がけてみてくださいね(*^_^*)

 

堺はりきゅう整骨院スッタフ一同は、より良いアイコンタクトとスマイル

を心がけお待ちしております。