大野城市 社会体育指導者講習会

2017年04月18日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

先日、大野城市教育委員会スポーツ課主催で「大野城市 社会体育指導者講習会」が開かれ、

堺整骨院から島村三四郎先生がお招きをいただき、講演をさせていただきました。

テーマは「スポーツ現場のケガとその対処法」についてで、

スポーツ現場におけるケガや熱中症への対処法や予防などをお話されました。

参加者さまからは

「けがをしたときの見極めポイントが分かりやすかった」

「熱中症の心構えと対応の幅が広がった」

「過去最高にいい講演」

「先生の分かりやすく楽しい話術でとても気持ちよく聞き、有意義な時間でした」など嬉しいお声をいただきました。

 

お話の中にも出ました「熱中症」ですが、真夏はもちろんですが、

蒸し暑い梅雨前後、そしてスポーツをする学生さんは試験明けの寝不足時にも起こりやすくなります。

 

予防の基本、まずは「水分補給」ですよね。

のどが渇かなくても水分を取る習慣をつける!これ大事です。

水ではなく、塩分・糖分のはいったものをとってくださいね。

 

次のような場合はすぐに救急車を!

体温が高い・意識障害・呼びかけや刺激への反応が鈍い・言動が不自然・ふらつく

 

重症になると命の危険さえある熱中症。しっかり予防しましょうね。

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)