台風がくると身体はどうなる?

2016年08月22日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの

堺整骨院です。

 

連日、台風9号・11号の影響がテレビで報道されており、とても心配ですね。

clip_image001_000[1]

 

初秋は台風が多くなる季節です。

台風や大雨が続くと、頭痛がしたり、関節が痛んだり、むくんだり。

心当たりはありませんか?

 

そうなる原因と対策を見てみましょう。

 

原因はこの時期に多くなる「湿気をまとった邪気」、

東洋医学で「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれるものが身体に入り込んでくること。

濡れた服を着ていると、身体が重くなり、関節が冷え、痛み出しますよね。

それと同じです。そして湿邪が身体の中に長く居座ると、

サラサラの状態から、ねばっとした粘り気のある「痰(たん)」に変わります。

そうするとなかなか身体から出ていかず、気や血の流れの妨げになるので、

手足のだるさや頭痛、めまい、手足の冷え、下痢につながります。

また全身の倦怠感や虚脱感が長引き、アレルギー性鼻炎やじんましん、

ぜんそくを引き起こすこともあります。

 

対策は「湿邪」は冷えたところを好むので、冷たいものを飲みすぎたり、

冷房の中でばかり過ごさないことがまず大事です。

身体に入ってしまった「湿邪」を追い出すには、

利尿作用のあるすいかなどのうり類、えんどう豆・そら豆・インゲン豆などの豆類、

緑豆もやし、あずき、はと麦などをとることが効果的です。

一見めんどくさそうなあずきも魔法瓶に熱湯と一緒に入れて一晩おけば、

指でつぶせるくらい柔らかくなっていますよ。

 

季節ごとの身体を知って、その対策をしていきましょう。

もちろん日頃から堺整骨院での筋肉調整やケアを受けておくことは、

血流もよくなり、代謝もUPするのでおすすめです。

 

今日も皆さんが健康に過ごされますように(^^)