危険信号:Red Flags

2016年08月5日

こんにちは!

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの

堺整骨院です。

 

当グループに通われる患者様の中には少数ではありますが、

痛みや不調に隠れて重大な疾患がみつかることがあります。

 

がんや化膿性の感染症、圧迫骨折などです。

それらを「危険信号の赤旗=Red Flags【レッドフラッグ】」

いいます。

がんに関していえば、全体の1%に満たないほどです。

でもいらっしゃるんです。

 

私が診た患者様の中にも、こんな方がいらっしゃいました。

 

腰痛で来院され、がんの既往歴がある方。

でも定期検診にはきちんと行かれていて、前回も良好だったと。

それでもその方の症状に強い違和感と、

これは見逃してはいけないと自分の中のセンサーが働きました。

再度検診に行かれることを強く勧め、行っていただいたところ、

再発が発覚しましたが、早期治療をすることが出来ました。

 

なぜ気付けたか?

それは堺整骨院では、昔から定期的に各院から集まっての勉強会が開かれており、

中でも力を入れて何度も勉強するのがRed Flagsだからです。

寝返り時とは関係なくじっと寝ていても痛む、痛む場所が熱をもっているなど、

Red Flagsにはいくつも特徴があります。

それらを繰り返し勉強することで少しでも早く患者様の異変に気付けるよう、

グループをあげて取り組んでいます!

 

「一、醫(病気を治す心と技)を限りなく探求します」

 

これは堺整骨院の経営方針の大事な1つです。

 

今日も皆さまが健康に過ごされますように(^^)