トレーナー活動 長丘中陸上部

2017年03月14日

こんにちは。

スポーツ障害・交通事故治療専門・肩こり・腰痛・ひざの痛みの堺整骨院です。

 

3/4(土)、トレーナー活動の一環で、

長住院のスタッフが長丘中学校の陸上部に訪問させていただきました。

顧問の先生・部員50名、保護者のみなさま10名、計60名もの方々に集まって頂き、

ケガの応急処置やストレッチなどの講話と実習をさせていただきました。

 

 

応急処置は「RICE(ライス)処置」といって、

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など外傷への応急処置に必要な

 

Rest(安静):イスや床などに座るか横になるなどして安静を確保

Icing(冷却):患部を氷のうなどで冷やし、腫れや痛みを和らげる

Compression(圧迫):患部を包帯やラップなどで適度に圧迫し、腫れや痛みを和らげる

Elevation(拳上):患部を心臓よりも高くし、出血(内出血)を防ぐ

 

の頭文字をとったものです。

 

実習では、実際に顧問の先生に患部にRICE処置をしてもらいました。

 

またストレッチも実際に身体を動かしながら指導させて頂き、

普段のストレッチでは伸びていない部分までしっかり丁寧に伸ばしてもらいました。

 

生徒さんたちが熱心に話を聞いてくださり、質問もしてくださったので、

予定時間を30分伸ばし、2時間30分の充実した時間を過ごさせて頂きました。

顧問の先生からは「こんなにしっかりした内容を無料でやって頂きありがとうございました」と言っていただき、

生徒さん達からも「ケガをすると焦ってしまうけど、応急処置が知れてよかった」

「知らなかったストレッチもあったので、続けてやっていきたい」など

前向きなお声をいただき、こちらもとても嬉しく思いました。

 

長丘中学校の陸上部の皆様、ありがとうございました!

 

それでは今日もみなさまが健康に過ごされますように(^^)