【第二回地域スポーツ指導者研究会】に大橋院辻井院長が講師として参加しました!

2017年10月30日

平成29年10月25日(水)福岡県教育庁南筑後教育事務所より堺整骨院の香椎院の辻井院長(現・大橋院院長)に依頼があり、

『ジュニアスポーツ期におけるスポーツ障がい予防』というテーマで講師をさせていただきました。

 

参加者は主に、地域のスポーツ指導者・保護者の方、各市町生涯スポーツ担当者、スポーツ推進委員、総合型地域スポーツクラブ関係者のみなさまで、地域のスポーツ振興に関わる様々な役職の方50名ほどでした。

 

 

 

福岡県では平成26年3月に「福岡県スポーツ推進計画」が策定され、今後のスポーツ推進の方向性が示されており、少年スポーツをはじめとした地域スポーツ指導者への期待も高まっています。

そこで今回はスポーツに親しむ子ども達の健全な育成のために、ジュニア期におけるスポーツ障がいの予防等について研修が行われました。

 

 

 

 

現大橋院の辻井院長は堺整骨院のメディカルトレーナー部のリーダーでもあり、スポーツ障がいの分野に特に熱心に取り組んでおり、

過去にはスポーツ専門ドクターより指導を受けた専門知識を活かして治癒までのプランニングを立て、早期回復・早期復帰のお手伝いをしています。

それ以外にもスポーツ障がいの予防のストレッチやトレーニング方法などを個々のスポーツ学生に応じて指導し、18年間たくさんのスポーツ学生のサポートをやってきている実力者です!

 

10月より香椎院から大橋院へ異動になり、本院院長としてするどい診断力を武器に患者様の不安や悩みを真剣に聞いてくれます。

 

 

真剣なまなざしと優しい笑顔と声に癒される方もきっと多いと思います♪

 

 

 

スポーツの事はもちろん、身体の事で何か悩みや困ったことがある方は是非堺整骨院にお越し下さい!

 

また、様々な講演会やスポーツや健康に関する指導や研修会など依頼もお受け致します。

メールかお電話でお気軽にお問合せ下さい。

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。